Thumbnail 909ef6727e65efbac3fcd3b9ee2b876e
  • Good0
  • Even0
  • Bad0
Thumbnail b9e7aeb8b7e0c3fa8e5bc00322b4252f
Thumbnail b9e7aeb8b7e0c3fa8e5bc00322b4252f
Thumbnail 07e6ed3544c59e9c5e28d9e93eb8fddb

ダウンロード

R用 回帰分析に不要な変数を削除して変数選択するプログラム・コード

980

データを準備するだけで、R言語で回帰分析に不要な説明変数(記述子・特徴量・入力変数)を簡単な方法で削除して変数選択できるプログラム・コードです。zipファイルをダウンロードして解凍してください。

このプログラムで実行される流れについては下のURLのページをご覧ください。
http://univprof.com/archives/16-11-22-8587099.html

このプログラムはcsvファイルによってデータのやり取りをします。csvファイルのデータ形式およびサンプルデータについては下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/n694487325cb1

プログラムを実行するときのR言語の環境については下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/nb07629b23252

また下のURLのzipファイルもダウンロードして下さい。
http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/R_scripts_functions.zip
解凍すると必要なスクリプトと関数があります(こちらは無料です)。解凍した後に、変数選択のプログラムのディレクトリ(フォルダ)と同じところにすべてのファイルを置いてください。

あとは購入されたプログラムを実行するだけです。

計算終了後、自動的に結果が画面に出てきて、削除された変数番号が”DeletedXvariableNumbers.csv”に、削除された変数名が”DeletedXvariable.csv”に保存されます。繰り返し計算の過程で上から順に削除されたことを表します。同じくプログラムを実行すると出力される、残った説明変数の数とダブルクロスバリデーション後のRMSEとのプロットを見て、適切な変数の数になるように上から順に削除してください。たとえば、ぜんぶで10変数あり、プロットから6変数が望ましいと判断されたときは、選択された最初の4変数を削除することになります。

  • 在庫数

    無制限

}

AnyPayの 利用規約プライバシーポリシー